ギャンブルの魅力ということでは、やはり当たったらどうしよういう考え方にあるという研究もありました。

ギャンブルは中毒にならない程度に

ギャンブルの魅力と当たるという心理

ギャンブルは中毒にならない程度に
ギャンブルの魅力ということでは、やはり当たったらどうしよういう考え方にあるという研究もありました。例えば宝くじでは、まず購入しなければ当たらないということが、最初に来ます。そして購入すいれば当たるかもしれないという可能性が生まれます。そして当たったらどうしようという喜びや興奮を前払いしてもらえるという体験が来ます。そのように世界中の人たちがギャンブルで体験する魅力は、当たったらどうしようという体験なのだとか。

確かに日本人も年末の恒例の宝くじを購入する場合には、当たるかもしれない、当たったらどうなるだろうという興奮を感じたりします。また当たるわけはないのだけれど、もしかしたら当たるかもしれない、ということで、希望を購入することができます。ある意味委ではギャンブルの馬券や宝くじは、そのような興奮を楽しむエンターテインメント代ともいえます。

そして実際に当たっている人が必ずいますので、それが自分になるかもしれない、当たったら会社などは辞めてやるというぐらいに希望も持てます。そして結果が発表されるまで続けることができるのも魅力のひとつです。競馬などでは、その期間が短いですが、宝くじでは、期間が長いので、その点もギャンブルとしては魅力的なギャンブルということになるのかもしれません。

関連サイト情報

Copyright (C)2017ギャンブルは中毒にならない程度に.All rights reserved.